今お墓を探している人や、これからお墓探しを検討している人に対してお役立ち情報を多数公開しています。

お墓探しのプロ☆達人の探し方


お墓探しのプロ☆達人の探し方

「お墓探しのプロ☆達人の探し方」をまずは熟読!

お墓について調べているなら「お墓探しのプロ☆達人の探し方」をご熟読ください。
当サイトのサイドメニューでお墓のお役立ち情報にご注目!

例えばどんなに素晴らしいお墓だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪いお墓では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。確かに改葬をしてお墓を変更することも可能ですが、その改葬自体が意外と面倒くさいものです。
なるべくなら一つのお墓で改葬をすることが発生しないように、慎重にお墓探しをするようにしてください。

「お墓を探しに行きたいけど、まずは何をしたら良いのかわからない」という人もきっと多いことでしょう。
そこでまずお墓の基礎知識を勉強して、実際にお墓まで足を運んでみると良いでしょう。




お墓探しのプロ☆達人の探し方ブログ:11月20日
おいらがお母さんの料理のありがたみを知ったのは、
高校2年のときでした。

体質を悪くしたお母さんが、
一ヶ月入院することになったのです。

母子家庭の我が家では、お母さんは大黒柱。
このままお母さんがいなくなるのではないかと…
とても心細かったのを覚えています。

それまで、
きちんと料理の手伝いをしていなかったおいらは、
お母さんの見舞いに行っては
ごはんの炊き方から聞くような連日でした。

最初はお母さんの見よう見まねで、
9時食の用意、お弁当作り、夕飯の用意…
とやっていました。

しかし、授業を終えバイトから帰るとへとへとで、
自炊などとてもできる状態ではなく、7日間と続きませんでした。

それまでのご飯は、
お母さんがおいらの健康を気づかい、魚料理などの和食が中心でした。
煮物、ひじき煮、おひたし、切干大根…など
どれも栄養豊富な料理でしたが、
高校生のおいらはちょっと物足りなさも感じてもいました。

だから…というか、この時とばかりに
自分の好きなものばかりを食べようと決めたおいらは、
9時食をごはんから菓子菓子パンに変え、
お弁当はできあいのもの、
17時はインスタント食品やジャンクフードなどにし、
栄養も考えず食べたいものを好きなだけ食べていました。

当然の結果というべきか、
おいらの体質はそのつけを払うことになりました。

体重は4キロも増え、
肌にはニキビができ、髪もパサついた状態になりました。
しかも、たった一ヶ月の間に2回も風邪をひいてしまい、
入院中のお母さんを不安にさせる程でした。

術後の経過が良かったお母さんは、
退院後家に帰るなり、
栄養たっぷり愛情たっぷりの料理を作ってくれることに…

お母さんに食べたいものを聞かれ、
和食好きでもなかったおいらが真っ先に答えたのは、
「煮物」でした。
お墓探しのプロ☆達人の探し方

お墓探しのプロ☆達人の探し方

★メニュー

寺院のお墓はお寺が近くにあるケースが多い
居住地による資格制限もありません
生前も死後も個性を表現する時代
墓石に刻まれる書体の種類
一人ひとりお墓に向かい焼香、合掌してお参り
亡くなった人とのつながりを大切に温めていく風習
墓石を建て子孫代々使える権利
公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3つの種類
総合的に考え併せて決めていくことが大切
石材や形、加工や刻む内容


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)お墓探しのプロ☆達人の探し方