ここでは墓石の石材店についてご案内しています。

石材や形、加工や刻む内容


石材や形、加工や刻む内容
お墓と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 石材店に墓石の発注をしてから、完成しお墓が建てられるまでの期間はおおよそ二ヶ月程度となります。
最初に支払うこととなる永代使用料や墓石建立の費用だけではなく、いろいろな追加費用が必要となるのでご注意ください。あまりにもお墓の石や場所にこだわりを持ちすぎてしまうと、最終的にかなりの高額費用が必要となってしまいます。
このことからある程度の費用の上限を決めておき、石材店と相談をしながら決めていきましょう。お墓選びだけではなく、墓石についても、非常に迷ってしまうポイントが多いところとなります。
石材や形、さらには加工や刻むこととなる内容などありますが、これまでのスタイルにとらわれないオリジナリティのある墓石も増えてきています。




石材や形、加工や刻む内容ブログ:11月20日

子どもの頃に穀物をしっかりと食べずに、
スナック菓子ばかり食べているようなら、
脳は成長できないので、
頭が悪くなるのは当然のことである。

我が子どもをバカにさせたくなかったら、
とにかくスナック菓子を食べさせる機会を
可能な限り減少させるべきである。

スナック菓子ではなく穀物こそが
子どもの成長にとって必要だと理解できれば、
子どもに何を食べさせればいいか
自然とわかってくると思う。

ただし、
子どもに穀物を食べることができるのを
当たり前だと思わせてはならない。

穀物は農家の人が作らなければ手に入らない…
なので子どもを連れて
農家で農業体験をしてみることをお勧めする。

穀物が出来上がってくるのに、
こんなにも手間暇がかかるとわかれば、
穀物を大切にし、食べる事の度に感謝して食べるようになる筈だ。

日本が豊かになるにつれ、
穀物の消費量は減少の一途を辿っている。

それに比例するかのように
子どもたちに異常が出始め、難病奇病が増え、
学力が低下したり、イジメや自殺が深刻な問題になったり、
少年少女の凶悪犯罪が多発したり…と、

父母の異常な食生活のツケを
子どもたちが背負わなければならなくなっているのである。

子どもたちが社会問題を起こす度に、
どうにかしろと対策を打って来るのだが、
どの対策も一向に成果が上がらない…

なぜなら子どもの食べる事が間違っているからこそ、
いくら対策を講じても、根本的な解決にならないからだ。

子どもたちの異常は、父母たちの異常こそが原因なのである。

自分たちが裕福になっても、質素倹約の美徳を維持し、
昔ながらの食べる事を守り続けていれば、
子どもたちは正常化してくると思う。

石材や形、加工や刻む内容

石材や形、加工や刻む内容

★メニュー

寺院のお墓はお寺が近くにあるケースが多い
居住地による資格制限もありません
生前も死後も個性を表現する時代
墓石に刻まれる書体の種類
一人ひとりお墓に向かい焼香、合掌してお参り
亡くなった人とのつながりを大切に温めていく風習
墓石を建て子孫代々使える権利
公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3つの種類
総合的に考え併せて決めていくことが大切
石材や形、加工や刻む内容


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓探しのプロ☆達人の探し方