ここではお墓選びについてご案内しています。

総合的に考え併せて決めていくことが大切


総合的に考え併せて決めていくことが大切
生前墓として事前にお墓を買っておく人が多いですが、基本的には公営のお墓では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院のお墓を利用する必要があるのです。 実際にお墓を購入する時には、現地でじっくりと確認をして、総合費用も定めておきましょう。
その時にはアクセス便や雰囲気、また価格などを確認しておくことが大切です。故人にとって永遠の住居となるお墓は、適当に決めるのではなく十分過ぎる検討をする必要があります。
墓地を購入する時には、初期費用として永代使用料と墓石建立の費用を予め支払う必要があるのです。墓地を購入するためには100万を下らないまとまっている費用が必要となってきます。
また、永代使用料というのは万一墓地を移転するような場合でも返還することは無いと定めているお墓が多くあります。




総合的に考え併せて決めていくことが大切ブログ:07月23日

食べる事に使われる油の中には、
摂取すべきではない油がある。

それは「トランス脂肪」である油。

この油は人工的に作り出した油なので、
人間の身体にとって非常に有害なのである。

その筆頭が「マーガリン」。

マーガリンを食べるとこれを分解するのに
大量のエネルギーが必要となるし、
身体内に血栓を通り越して、悪性腫瘍を作る危険性が高まる。

マーガリンを食パンにつけて食べれば非常に美味しいが、
それは人工的に作られているからであって、
これが息子の頃からの習慣になってしまうと、
息子はこれを延々と食べ続けてしまうようになり、
病気になりやすくなる。

次に「ショートニング」。

ショートニングは
お菓子にサクサク感を出させるために使われるもので、
これを息子が食べ続けていると、カルシウムが奪われてしまい、
虫歯が当たり前になり、非常に骨折しやすくなる。

お菓子好きの息子が虫歯になったり骨折するのは、
ショートニングの摂取により、
歯や骨からカルシウムが奪われてしまったからなのである。

トランス脂肪と同じくらいに危険なのが「過剰加工油」。
これは過剰に加工し過ぎてしまい、
ビタミン類が殆ど破壊されてしまっている油である。

この過剰加工油こそ「野菜スティック油」である。

野菜スティック油を使っていると、
この油が血管にべっとりと付着してしまうので、
血管自体がボロボロになっていく…

野菜スティック油は危険な油なのに、
品質が一定しているために、料理人たちが好んで使う。

料理本には野菜スティック油を使うように明記されているし、
大量生産のマヨネーズにも野菜スティック油が使われている。

外食が多いと健康を害すると言われるが、
それは野菜スティック油を使った料理が多いからなのである。

総合的に考え併せて決めていくことが大切

総合的に考え併せて決めていくことが大切

★メニュー

寺院のお墓はお寺が近くにあるケースが多い
居住地による資格制限もありません
生前も死後も個性を表現する時代
墓石に刻まれる書体の種類
一人ひとりお墓に向かい焼香、合掌してお参り
亡くなった人とのつながりを大切に温めていく風習
墓石を建て子孫代々使える権利
公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3つの種類
総合的に考え併せて決めていくことが大切
石材や形、加工や刻む内容


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓探しのプロ☆達人の探し方