生前も死後も個性を表現する時代

「さぁ、生前墓を建てるお墓を探しに行こう!」と考えたら、まずはお墓の基礎知識を学ぶようにしてください。
お墓管理者の話を聞くのも大切なのですが、ある程度自分自身でポイントを抑えておくことも大切なのです。 これまでの日本の風習に影響を受けることなく、映画などで頻繁に出てくる薄い横幅のある洋風のお墓も今では人気となっています。
民営のお墓でよく見かけることがあり、墓石に刻む文字に関しましても好きな言葉を刻んでオリジナリティがあります。今の日本では二段や三段タイプが主流となっており、特に長方形の石を積み重ねている三段が多く見られます。
これは仏舎利塔や五輪塔を簡略化しており、そしてそれをイメージしたものとなります。現代は生前も死後も個性を表現している時代になったのかもしれません。
このことから墓地の区画や広さ、さらにはお墓の大きさなどといったことを検討しながらお墓を決定しましょう。



- 注目サイト -

賃貸事務所、今すぐアクセス
URL:http://new-of-search.jp
賃貸事務所


生前も死後も個性を表現する時代ブログ:06月27日

日本の小学生の約1割が肥満状態…といわれる現代。

当然、子どもの生活習慣病も増えているようです。
中でも多いのが糖尿病と動脈硬化。

これらの主な原因は
食生活とトレーニング習慣の変化です。

連日の食べる事で、
脂肪分や糖分を摂りすぎている上、
体を動かす機会がぐっと減っているのです。

今はまだ発病していなくても、
このままの食生活や生活サイクルを続けていれば、
20代、30代で発病する可能性はどんどん大きくなってきています。

見た目には肥満でなくても
コレステロール値の高い、
糖尿病・動脈硬化の予備軍の子どもたちは着実に増えています。

大人と同じような健康上の問題が、
子どもたちの上にも影を落としているんですね。

糖尿病や高血圧、心臓病など、
中高年になってから
親と同じ病気を発症する人は少なくありません。

この理由は
遺伝的な要素も少なからずありますが、
遺伝子としての原因よりも、
病気を引き起こす生活習慣を受け継いだことも原因のひとつなのです。

日本人に多い大腸ガンの原因も
遺伝的因子よりも環境的因子の比重が大きいのですが…

環境的因子とはつまり生活習慣。
食生活をはじめとする子どもの頃の生活習慣は、
その先の一生の健康を左右する重要な問題なんです。

しかし、
親から引き継ぐ生活習慣とは食生活だけでしょうか?

子どもが肥満の場合、
親も同じように太っていることが多いのですが、
その理由は家庭の食生活だけでなくトレーニング習慣にもあります。

食べてはゴロゴロ…といった親の姿を、
子どもたちはちゃんと引き継いでしまうんですね。

明日はいい日かな〜